multipleminorityidentities’s blog

ギリギリでアラサーのギフテッドなゲイの日常

人身御供

従業員を守らず無茶な要求をするお客に差し出す経営者は無能。経営者にとっては他人でも会社からしたら自殺行為だし。無茶なスケジュールや無茶な内容で依頼してくるお客が来たら媚びてはいけない。そういうお客は内部でも無茶なことをしてるし、そんなのに付き合うべきじゃない。健康にも悪いし経済にも悪い。お客の中の人もかわいそう。

いない

ギフテッドや高IQはどこにいるかも分からない仲間を積極的に探さないと、そのままでいたら問答無用で孤独になってしまう。ゲイの繋がりが欲しいならゲイバーに通うとか、ゲイサークルに入るとか、アプリをやるとか、方法は色々あるけど、ギフテッドや高IQの繋がりを探そうとすると、「頭良さげな職場にいっぱいいた」みたいなのを除けば、然るべき団体に入会するくらいしか方法を知らない。少なくとも、都内ではゲイよりも人口は少ない印象。

ギフテッドや高IQは共通の顔の特徴や独特の雰囲気があるから見た目でも分かるけど、普通に街を歩いていて見かけることはほとんど無い。そうかと思えば、マイ職場みたいに集団でいるところもある。たとえ仕事だけの関係だったとしても、同類がいないよりはいる方がマシ。

職場にいるならその人間関係で全てを完結させたいところだけど、休日に同僚とプライベートで関わりたいかどうかって問題がある。仕事とプライベートは分けたいって人にとっては厄介。然るべき団体に入れば解決されることもあるだろうけど、何しろ限られたところにしか集まっていない人種なので、スペック的な意味で居心地の良い人間関係を選ぶと、仕事にしろプライベートにしろ、生活の軸がそこばっかりになってしまうのが嫌。*1でもそれを選ばないとすると、どんなバカにも分かりやすく説明し続けなければ土下座しても許してもらえない地獄が待っている。

*1:仕事でもプライベートでも仲間が見つかりましたなんて相当ラッキーな人だけだし。

自分に関係ない人は人間じゃない?

特定のカテゴリーに当てはまる人たちを「自分には関係ない遠いところにいる人たち」と感じた途端に相手を人間扱いしなくていいと思う人が世の中にはたくさんいるらしい。ホームレスになった人、性的マイノリティ、障害者、お母さんたち、外国人や異人種、お年寄り、公務員、生活保護受給者、逮捕された人・・・。そもそも何で自分と関係ないって思うのか知りたい。普通IQに人権を蹂躙される高IQみたいに死活問題になる訳でもないのに、相手を人間扱いしないって発想がいきなりできるのが分からない。本人たちは死活問題と思ってるのかもしれないけどそれ、統合失調症レベルの妄想だし。*1

*1:それとも、人間扱いしたら不満のはけ口にできなくなるから?それって普通に悪人だよね。

イライラする

職場の先輩にまるで上司のような先輩風を吹かせてくる人がいて微妙な気分になる。自分と歳が近いからなのか、色々張り合ってきたり、先生のように上から目線で序列をつけようとしたり、なんかやりづらい。その人別に仕事ができない訳でもないのに何が気にくわないのだろう。他の先輩たちはそんなことしないのに。

それとは別に、変な仕事を振られてフラストレーション溜まる。量は多いし納期は無茶苦茶だし、八方塞がりでどうやって進めるかも目処が立ってない。

高IQなのに?

普通IQの主張に高IQが呆気にとられていたら、普通IQが「お前高IQなのにこんなことも分からないのか」って言うのがよく分からない。高IQ「なのに」じゃなくて、高IQ「だから」分からないんだよ。自分よりバカな人の珍説なんて「お、おう!」ってなるだけでしょ普通。

ところで。DV彼ピにIQテスト(オンラインの簡単な行列推理のやつ)をやらせたら、こんなのでも平均よりちょっと上しか行かなかった。結果を見てテストの意義自体を否定し出したけどそれはまあ予想どおり。

彼のような人って、IQテストと到達度テストの区別がつかないから、「知識問題だったらもっとできる」と言ったりする。なんで区別がつかないのかは全く分からない。高IQの相手に見えてるものが自分とは違うことも分からないらしく、「ユーモアのセンスがない」とか、「会話の時の態度に問題がある」とか文句をつけてくるけど、こっちは情報量の低すぎるものが入ってくるのが苦痛なだけ。ま、とにかく、ものを理解できない人って相手が合わせることを強いるだけで自分から歩み寄ることは滅多にない。*1

*1:ずっと相手に合わせてもらってきた人は相手が自分に合わせてくれてるのが分からないのかな?彼らにとっての認知って衝撃体験を通じてしか起こり得ないのかもしれない。

セクハラするならもっと真面目にやれよ

ノンケとの飲み会があった。おばちゃんたちから「結婚しないの?」、「あの子(女子)は彼氏いないんだってよ」というセクハラを受け、おっちゃんたちからはゲイをおちょくる冗談を聞かされるというセクハラをされてため息出そうになった。

まず、ババア共。なぜ男に「彼氏いないの?」と聞けないのか。もっと言えば、なぜ男女共に「(異性・同性問わず)恋人はいないの?」と聞けないのか。

それからジジイ共。ゲイをおちょくる冗談を言っていたおっちゃんの一人は「俺くんとは一番分かり合えてる気がする」と神妙な顔で言ってくる人だけど、それなら人を冗談のネタにするな。こっちはそういう言動から徐々に壁を感じるようになるんだけど。

なんなんだコイツら。

オナニーは一人でしろ

親との関係のことで、DV彼ピのカウンセラーごっこに利用された。心理学の教科書を丸暗記したみたいな質問をされて、「そんなの見りゃわかるだろ」みたいな内容の薄いコメントばかりされて、ピントのズレた考察にモヤモヤした。平日の朝にそれをやるので仕事に遅刻した。

彼のご高説によれば、「お前は自分自身の言動については棚に上げるばかりで考えてない」らしい。高IQは自分の思考を認知して解体できるので、普通IQが水戸黄門のプロット並みのお馬鹿カウンセリングテンプレを使って堂々巡りしている間に、一瞬で自らの思考を普通IQなんかよりはるかに多く把握することができる。相手に対して言語でそれを表現するか否かは関係ない話だし、自分が何をしてるか分かった上でやってる。

彼は普通IQなのでこちらの思考力も、こちらの言ったことの正しさも信じられず、闇雲に疑ってわざわざ同じことを時間をかけて考えて、間違った結論に達したりする。時間の無駄。彼と付き合って何年にもなるけど、違和感はあっても理解し合えていると思ったことがただの一度もない。本当に一度もない。彼と付き合い始めたのはその前の人がもっとダメダメで頭もだいぶ悪くて耐えられなかったから。今の彼氏はそれに比べたらマシだけど、サイズLの服が必要な人が、サイズSからMに鞍替えしたって、サイズが足りないことには変わりない。今の彼氏とは感情以外の理由で付き合っていて、一緒にいないからこそ続いた。でも限界は来ると思う。他にいい人いるなら乗り換えたい。